仮想通貨の価値を高めるための仕組み・半減期について

仮想通貨の価値を高めるための仕組み・半減期について

仮想通貨の価値を高めるための仕組み・半減期について

 

仮想通貨の価値を高めるために色々な施策が行なわれています。世界中で流通しており、その流通量は年々増えていますので、仮想通貨の価値を高め提示していくのは大きな仕事です。

 

 

 

一つの施策の中に、半減期というキーワードが、よく使われる事があります。仮想通貨の価値を高める仕組みや、半減期について考えてみましょう。

 

仮想通貨の半減期

 

実際の通貨は新規で新たな紙幣が発行され続けていますが、紙幣が作られすぎると、通貨の価値が減ってしまいます。

 

 

 

通貨の価値を一定に保つためには、紙幣の発行をコントロールする必要があります。仮想通貨も同じで、作りすぎると価値が下がってしまうので、新規発行のコントロールがなされています。

 

 

 

ある仮想通貨は10分ごとに、一定量が新しく発行されており、世界の新規発行量としては非常に多くなっています。

 

 

 

これだけ速い速度で、新規に仮想通貨が発行されておくと、仮想通貨の価値があるタイミングから下がり始めます。そのために、仮想通貨を発行する作業である、マイニングの報酬を半分にする時期があります。

 

マイニングの報酬を半分にする時期

 

マイニングというのは、仮想通貨を発行したり管理したりするために、自分のパソコンやサーバーを提供すると、報酬を得られるという取り決めです。このマイニングの報酬が半減すると、仮想通貨の発行量が減り、仮想通貨の価値を維持できるという考え方です。

 

 

 

マイニングの報酬が半分になる時期の事を、半減期と呼びます。各仮想通貨によって、半減期を開始する時期は違っています。

 

仮想通貨の価値を高めるための仕組み・半減期について

 

仮想通貨の総発行量が、ある単位まで行ったら、半減期に入る事を明示している所もありますし、明確にしていない通貨もあります。

 

 

 

半減期を迎えると、仮想通貨はどんな影響を受けるのでしょうか。仮想通貨の発行量が落ちるので、自ずと価格価値が上がっていくと考えられるでしょう。

 

半減期の影響

 

実際に半減期を迎えた仮想通貨のチャートを確認してみると、半減期の前あたりから、価値が上がり始め、半減期に入ると急激に価値が上がりました。

 

 

 

実際の通貨でも同じですが、急激な上昇の後には、急落があります。仮想通貨も例外では無く、急激な上昇の後には、大きなダウンが見られました。

 

 

 

しかし、さすがは需要のある仮想通貨だけあって、半減期前の水準よりかは高い位置を保っています。仮想通貨の価値を高めるために、マイニングの報酬を半分に減らすという仕組みがあります。

 

 

 

マイニングの報酬を半分にする時期の事を、半減期と言いますが、その施策を通して実際に仮想通貨の価値が高まっているのは、投資プランを立てていく上でプラス材料になるでしょう。

 

 

おすすめの仮想通貨取引所


コインチェック
初心者の方にはおすすめ!ビットコイン他、ビットコインキャッシュ、イーサリアム、リップル、ネムなど多数の仮想通貨を取扱!


 ↓ 詳細はこちらをクリック ↓


ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin


 


ビットフライヤー
TVCMでお馴染み!安心、安全な仮想通貨取引所!


 ↓ 詳細はこちらをクリック ↓


bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で


 


ザイフ
毎月、コツコツ積立をするなら、ザイフのコイン積立が便利!


 ↓ 詳細はこちらをクリック ↓