仮想通貨を利用する場合に注意したいハッキング被害とは

仮想通貨を利用する場合に注意したいハッキング被害とは

仮想通貨を利用する場合に注意したいハッキング被害とは

 

仮想通貨を利用する場合に注意したいのが、仮想通貨のハッキング被害です。流通量が多く価値の高い仮想通貨は、ハッカー達からの攻撃の的となっています。

 

 

 

どんなハッキング被害を想定する必要があるでしょうか。リスクを減らすためにできる事なども含めて、調べてみましょう。

 

仮想通貨のハッキング被害

 

一般の仮想通貨はブロックチェーンなどの高度な技術によって、ハッキング対策をしています。ハッキングはほぼ不可能とも言われているシステムも有り、今までに取引データそのものが被害に遭った事はありません。

 

 

 

仮想通貨の管理の仕方は管理サーバーを世界中の個人のコンピューターや、サーバーに分散しています。一カ所で管理している訳では無いので、ハッキング被害に遭いにくくなっています。

 

 

 

もし一つの場所で一つのサーバーで仮想通貨を管理していると、そこがハッキング被害に遭うなら流通している仮想通貨が全滅となります。

 

仮想通貨を利用する場合に注意したいハッキング被害とは

 

メジャーな仮想通貨は世界の不特定多数のシステムで管理されているので、ハッカーもどこを攻撃したら良いのか、分からない仕組みになっているのです。

 

 

 

この仕組みの上に、取引が行なわれるごとに、さらにハッキングを不可能にするプログラムが、新たに組み込まれてくプログラムが作られています。

 

 

 

世界のどこかで取引がなされる度に、ハッキング難易度が上がっていくので、ハッキングはほぼ不可能と考えられています。

 

仮想通貨取引所のシステム

 

しかしハッキングの被害に遭わないという訳では無いので、注意が必要です。仮想通貨のシステム自体は非常に高度ですが、それを扱う取引所のシステムが、脆弱である可能性があるからです。

 

 

 

実際に幾つもの取引所のシステムが、ハッキング被害に遭っています。それぞれの取引所は、セキュリティを強化していますが、ハッカー達の攻撃を完全に止める事はできていません。

 

 

 

ハッキングにより個人情報が流出したり、預けられていた仮想通貨が、そっくり盗まれてしまったりする事件が発生しています。

 

 

 

国内の取引所はセキュリティ強化を優先して行なっているため、今のところ大きな被害はありません。2011年の大事件以降、かなりハッキング対策がなされているので、安全な取引が可能となっています。

 

 

 

国内の取引所は仮想通貨をオンライン上では無く、オフライン上に保管しているので、ハッキング被害に遭いにくくなっています。

 

 

 

仮想通貨を利用する時に、注意したいハッキング被害は、取引所へのハッカー攻撃です。取引所を選ぶ時には、ハッキング対策がどれほど万全かをチェックして下さい。

 

 

おすすめの仮想通貨取引所


コインチェック
初心者の方にはおすすめ!ビットコイン他、ビットコインキャッシュ、イーサリアム、リップル、ネムなど多数の仮想通貨を取扱!


 ↓ 詳細はこちらをクリック ↓


ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin


 


ビットフライヤー
TVCMでお馴染み!安心、安全な仮想通貨取引所!


 ↓ 詳細はこちらをクリック ↓


bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で


 


ザイフ
毎月、コツコツ積立をするなら、ザイフのコイン積立が便利!


 ↓ 詳細はこちらをクリック ↓