仮想通貨のやり取りに消費税は発生する?それともしないの?

仮想通貨のやり取りに消費税は発生する?それともしないの?

仮想通貨のやり取りに消費税は発生する?それともしないの?

 

仮想通貨のやり取りをする時に、消費税は発生するのでしょうか。取引所で仮想通貨を購入する時に、消費税を支払わなければいけないのか、迷う事があるかも知れません。

 

 

 

消費税が掛かってくるなら、投資としてのうまみが減ってしまうと感じるでしょう。実際の所はどうなのか、仮想通貨を取り巻く現状を調べてみました。

 

仮想通貨に消費税はかかるの?

 

2016年5月の資金決済法の改正によって、仮想通貨の扱いは商品から通貨へと変更になりました。結果として仮想通貨は、2017年の7月から非課税となりました。

 

 

 

仮想通貨の売買をしたときに商品扱いだと消費税は掛かりますが、通貨扱いとなるので消費税が掛からなくなります。厳密に言うと仮想通貨は通貨と言うよりは、決済手段の一つとして認められるようになりました。

 

 

 

今までは、仮想通貨を買うときに消費税が掛かっていました。その後、買った仮想通貨を使って新たな商品を買うと、さらにその商品に消費税が掛かっていました。

 

 

 

消費税を2回支払わないといけませんでしたが、これからは仮想通貨の購入に消費税が掛からなくなるので魅力的な投資先となりました。

 

仮想通貨による決済

 

仮想通貨による決済を採用しているお店は、国内にたくさん有り、現時点でも店舗数は増えています。消費税が掛からない非課税対象となったために、さらに仮想通貨による決済を採用する店舗が増えてくることでしょう。

 

 

 

現金を使うと盗難に遭ったり、紛失したりする可能性があります。クレジットカードも便利ですが、年会費が掛かることも有り、使い方によってはあまり得な感じがしません。

 

 

 

仮想通貨であれば、現金を持ち歩いている訳ではないので盗難の可能性も低いですし、年会費なども掛からないので負担がありません。消費税も掛からないために、今まで以上にお得感があります。

 

仮想通貨のやり取りに消費税は発生する?それともしないの?

 

仮想通貨を扱う取引所も消費税を今までのように税務署に納めなくても良いので、非課税になるというのはメリットがあるでしょう。

 

 

 

その分の仕事が効率化できますので、営業利益を上げることが出来たり人件費を減らして出来る可能性があります。

 

 

 

そうすると投資家にとって、さらに利便性の高い取引所のサービスが出てくるかも知れませんね。今後は仮想通貨のやり取りに、消費税が発生しなくなります。

 

 

 

投資をする度に今までのように8%の消費税を払う必要がなくなるので、より効率的な資金運用が仮想通貨を使って行えるでしょう。仮想通貨を今まで使ったことがない人も、新たに利用し始める機会が増えていく可能性があります。

 

 

おすすめの仮想通貨取引所


コインチェック
初心者の方にはおすすめ!ビットコイン他、ビットコインキャッシュ、イーサリアム、リップル、ネムなど多数の仮想通貨を取扱!


 ↓ 詳細はこちらをクリック ↓


ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin


 


ビットフライヤー
TVCMでお馴染み!安心、安全な仮想通貨取引所!


 ↓ 詳細はこちらをクリック ↓


bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で


 


ザイフ
毎月、コツコツ積立をするなら、ザイフのコイン積立が便利!


 ↓ 詳細はこちらをクリック ↓