あのグーグルが出資をしている仮想通貨リップルについて

あのグーグルが出資をしている仮想通貨リップルについて

あのグーグルが出資をしている仮想通貨リップルについて

 

仮想通貨リップルに、グーグルが出資をした事が話題になりました。可能性のある技術にしか出資をしないグーグルが、目を付けたリップルとは一体どのような仮想通貨なのでしょうか。リップルの特長などの情報を、説明していきます。

 

仮想通貨リップル

 

リップルというのは一般的な仮想通貨とは違って一元管理されている通貨です。メジャーな仮想通貨は、管理が一元化されていない仕組みが人気でセキュリティが高いと言われています。

 

 

 

リップルはそれらの仮想通貨とは違って、責任者の顔が見えますし通貨の存在価値もはっきりしています。金融機関などが仮想通貨の取り扱いで抱える問題を、解決するのではないかと、金融業者を中心に注目されています。

 

 

 

リップルは2012年に開発され、上限の発行数は1000億と決められています。アメリカのRipple Labsで開発されており、クリスラーセンがSEOを務めていますよ。

 

あのグーグルが出資をしている仮想通貨リップルについて

 

リップルを購入して、取引をすると、その全ての取引をRipple Labsが保証してくれるシステムとなっているのです。

 

 

 

他の仮想通貨と違って、リップルは国際送金を円滑に行なうために、開発された物です。国を超えた送金を、今までよりもスムーズに、そして安く行なうために用意された仮想通貨なのです。

 

 

 

目標が明確になっていますし、責任者が誰なのかが明確なので、リスクの少ない仮想通貨として、企業から信頼を集めています。事実グーグルが出資を決めているので、リップルの認知度はさらに高まっています。

 

リップルの送金システム

 

リップルの送金システムというのは、独特な物で、今までの金融業界にはないものでした。そのため今まで送金に掛かっていた時間を大幅に減少し、手数料なども一気に下げる事が出来ました。

 

 

 

メジャーな仮想通貨には無い、取引の保証も付いているので、初めての人でも安心して利用できます。リップルを使用するメリットは、徐々に一般の利用者達にも浸透してきています。

 

 

 

海外の口座に送金する時には、数日間という時間が掛かっていましたし、銀行に手数料を払う必要がありました。リップルを使うと、送金は数秒で終わりますし手数料も微々たる物です。

 

 

 

仮想通貨リップルは、各銀行などにこの送金システムを導入しないかどうか働きかけています。世界の銀行がリップルを採用すると、国際送金が瞬時に終わらせられる時代が来るでしょう。

 

 

 

あのグーグルが出資をしている仮想通貨リップルは、国際送金をするために開発された仮想通貨です。これから世界の銀行を中心に採用されていくと、今まで以上に早く安価に国際送金をすることが出来るでしょう。

 

 

おすすめの仮想通貨取引所


コインチェック
初心者の方にはおすすめ!ビットコイン他、ビットコインキャッシュ、イーサリアム、リップル、ネムなど多数の仮想通貨を取扱!


 ↓ 詳細はこちらをクリック ↓


ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin


 


ビットフライヤー
TVCMでお馴染み!安心、安全な仮想通貨取引所!


 ↓ 詳細はこちらをクリック ↓


bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で


 


ザイフ
毎月、コツコツ積立をするなら、ザイフのコイン積立が便利!


 ↓ 詳細はこちらをクリック ↓