仮想通貨はなぜ別名・暗号通貨とも呼ばれているのか

仮想通貨はなぜ別名・暗号通貨とも呼ばれているのか

仮想通貨はなぜ別名・暗号通貨とも呼ばれているのか

 

仮想通貨のことを、欧米では暗号通貨と呼んでいます。どうして仮想通貨と呼んだり、暗号通貨と呼んだりしているのでしょうか。暗号通貨と呼ばれている理由なども含めて、仮想通貨について解説していきます。

 

暗号通貨

 

欧米で暗号通貨と呼ばれているのは、高度な暗号技術が使われているからです。実際のお金も偽造されないために、高度な印刷技術が使われています。印刷技術が高いために、簡単に偽造紙幣を作ることはできませんし、すぐに偽造だとバレてしまいます。

 

 

 

仮想通貨も同じで、簡単に偽造仮想通貨を作ることが出来ないように、高い暗号技術が使われているのです。この暗号技術のインパクトがすごいので、暗号通貨という名前が付けられるようになりました。

 

 

 

暗号通貨が主に流通しているのは、インターネット上ですし、実際に通貨自体を目にしたり手にしたりは出来ないので、仮想通貨とも呼ばれています。

 

仮想通貨の暗号技術

 

仮想通貨の暗号技術は、コードの中に発行プログラムが記録されています。管理者や発行元が存在しないので、世界中で幅広く流通したり、利用されたりしています。流通量が多いために、偽造の仮想通貨を使った不正取引などがしにくいのも、仮想通貨の魅力の一つです。

 

 

 

大量の現金を、個人間でやりとりする時には、大抵銀行などを経由して行ないます。離れた場所にいる相手との取引や、海外にいる相手との取引などの時には、ほぼ必ず銀行を経由させるのでは無いでしょうか。なぜ銀行を経由して、お金のやりとりをするかというと、安全に送金が出来るからです。

 

 

 

しかし、仮想通貨を使うなら、通貨自体が暗号化されていてセキュリティの度合いが高いので、銀行を経由すること無く取引が出来ます。仮想通貨を使用すると、今まで以上に取引がシンプルになりますし、スピーディなやりとりが出来るようになります。

 

仮想通貨はなぜ別名・暗号通貨とも呼ばれているのか

 

世界や国内で使われている仮想通貨には、色々な種類があります。使用されている地域やサービスが限定されている仮想通貨には、世界でトップのシェアを持っている仮想通貨に使われているような、暗号技術は使われていません。

 

 

 

仮想通貨にはブロックチェーン技術とか、マイニング技術がありますが、どの仮想通貨がどんな技術を採用しているかは、事前に確認しておきたいポイントです。

 

 

 

仮想通貨が暗号通貨と呼ばれているのは、高度な暗号技術によって、通貨が造られているからです。それぞれの仮想通貨によって、使われている暗号技術が違うので、購入の前に技術の確認をするのは大切です。

 

 

おすすめの仮想通貨取引所


コインチェック
初心者の方にはおすすめ!ビットコイン他、ビットコインキャッシュ、イーサリアム、リップル、ネムなど多数の仮想通貨を取扱!


 ↓ 詳細はこちらをクリック ↓


ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin


 


ビットフライヤー
TVCMでお馴染み!安心、安全な仮想通貨取引所!


 ↓ 詳細はこちらをクリック ↓


bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で


 


ザイフ
毎月、コツコツ積立をするなら、ザイフのコイン積立が便利!


 ↓ 詳細はこちらをクリック ↓