仮想通貨で公共料金の支払いも可能になっていくの?

仮想通貨で公共料金の支払いも可能になっていくの?

仮想通貨で公共料金の支払いも可能になっていくの?

 

仮想通貨の認知度が高まっている中で、公共料金の支払いが出来たら、かなり便利だと思われることでしょう。

 

 

 

街の中のお店でも、仮想通貨を使って、決済が出来る場所が増えてきています。仮想通貨を使って、電気代などの公共料金が、支払えるのかどうか調べてみましょう。

 

仮想通貨で公共料金の支払い

 

昨年から仮想通貨を使って、電気代を支払うことが出来る電力会社が、増えてきました。電力自由化によって、色々な電力会社が新しく出来ました。

 

 

 

より多くの顧客を獲得したり、他社と差別化をしたりするために、仮想通貨での支払いに対応しています。電力会社と、仮想通貨の取引所が提携することによって、仮想通貨を使って電気代を支払うことが可能になったのです。

 

 

 

 

例えば、仮想通貨で支払える電力会社のプランは、一般ユーザー向けのプランと、沢山電気を使うヘビーユーザー向けのプランです。もし電気代を削減したら、仮想通貨で還元されるサービスも含まれています。

 

仮想通貨で公共料金の支払いも可能になっていくの?

 

仮想通貨の支払いを導入した電力会社は、国内だけでは無く、世界で電力事業を行なっています。世界の中で活躍しているので、いち早く仮想通貨の採用に、踏み切れたのかも知れません。

 

 

 

欧米は日本以上に仮想通貨が、一般の生活に密着しているので、日本もそれに追随する形になります。仮想通貨を採用した電力会社は、今後は国内の中だけでも、さらに電力供給エリアを広げていくようです。

 

 

 

多くのエリアの人が、仮想通貨を使って、電気料金の支払いが出来る様になるのは助かりますね。電気料金だけでは無く、ガスの支払いも仮想通貨での支払いに、対応していこうとしている会社もあります。

 

仮想通貨で支払いができるサービスが増えてくる

 

今後は水道代なども含めて、多くの公共料金が、仮想通貨で支払えるようになってくるのかも知れません。携帯電話の料金や、インターネットの料金なども、仮想通貨で支払えると、ますます便利になっていきすね。

 

 

 

仮想通貨による支払いが、注目されているので、様々な業種で仮想通貨による決済を導入していく企業が増えるでしょう。

 

 

 

日本に先駆けスイスなどは、仮想通貨を使って、市役所などの料金も支払えるようになってきています。住民登録料などを、仮想通貨で支払えてしまうのです。

 

 

 

スイスは税金制度が魅力なので、世界中の資産が集まる国ですが、今回のこの仮想通貨の導入は、仮想通貨の信頼性と認知度を高める結果となるでしょう。仮想通貨で公共料金の支払いをすることは、国内でも可能になっています。

 

 

 

電気料金などの一部の支払いですし、仮想通貨決済に対応している企業は、まだごく一部分です。これからは、さらに多くの企業が、仮想通貨で支払いが出来るように対応してくるでしょう。

 

 

おすすめの仮想通貨取引所


コインチェック
初心者の方にはおすすめ!ビットコイン他、ビットコインキャッシュ、イーサリアム、リップル、ネムなど多数の仮想通貨を取扱!


 ↓ 詳細はこちらをクリック ↓


ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin


 


ビットフライヤー
TVCMでお馴染み!安心、安全な仮想通貨取引所!


 ↓ 詳細はこちらをクリック ↓


bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で


 


ザイフ
毎月、コツコツ積立をするなら、ザイフのコイン積立が便利!


 ↓ 詳細はこちらをクリック ↓