仮想通貨はいつ始まってどのように成長してきたの?

仮想通貨はいつ始まってどのように成長してきたの?

仮想通貨はいつ始まってどのように成長してきたの?

 

世界中で使われるようになっている仮想通貨ですが、いつ始まり、どのように成長してきたのでしょうか。

 

 

 

最先端の技術によって、高いセキュリティ性を持ち、送金などのスピードが速いので、今では多くの人に利用されています。今の成功に至るまでの、道のりを調べてみました。

 

仮想通貨の始まり

 

仮想通貨というアイデアは、一人の日本人の名前による論文で、初めて世間の目に触れることになりました。論文の中では、一つの国の組織が管理する通貨では無く、P2Pのシステムを使って管理するという画期的なアイデアが示されました。

 

 

 

P2Pのシステムを利用することにより、ハッキング被害にあるリスクを分散し、信頼性を高めていくという事が述べられていました。仮想通貨が、偽造できないような仕組みも解説されており、当時は非常に話題を集めました。

 

 

 

この論文を目にした技術者達が、世界中で協力して開発をすることによって、仮想通貨の今の形が出来上がってきたのです。2009年あたりに、仮想通貨の最初のモデルが出来ました。

 

仮想通貨はいつ始まってどのように成長してきたの?

 

仮想通貨を使った取り引きや、利用がどのような動きになるかということを、検証する作業が始まります。実際にお金として検証がなされるのでは無く、あたかもゲームのような形で、検証実験がスタートしたのです。

 

 

 

当時は仮想通貨の認知度も低く、信頼性も低かったので、通貨価値はほとんどありませんでした。大量に購入した人でも、実質的には資産を持っていないも同じでした。

 

 

 

検証が数年間続いていき、徐々に、仮想通貨という考え方自体が、浸透していきます。仮想通貨の、高いセキュリティシステムが注目され、安全な通貨であるとの見方が一般的になってきます。

 

仮想通貨は魅力的な投資対象

 

通貨としての価値もだんだん高くなってきて、魅力的な投資対象としても、投資家達の間で認知されるようになっていきました。

 

 

 

しかし、取引所が破綻したり、不正盗用があったりして、仮想通貨の信頼が地に落ちることもありました。どの問題も仮想通貨自体のシステムでは無く、仮想通貨を扱う取引所のシステムや、取引所の管理者の問題でした。

 

 

 

仮想通貨が、欧州で非課税であるという判断が、裁判所でなされたことにより、通貨価値が一気に上がっていきます。現在では非課税の投資対象として、非常に多くの投資家達に利用される通貨となっています。

 

 

 

仮想通貨は、一人の日本人の論文からスタートしました。世界中の技術者が協力して、仮想通貨を作り上げ、信頼を築いてきています。これからは投資対象としてでは無く、実際の通貨としても、生活の中に浸透していきそうですね。

 

 

おすすめの仮想通貨取引所


コインチェック
初心者の方にはおすすめ!ビットコイン他、ビットコインキャッシュ、イーサリアム、リップル、ネムなど多数の仮想通貨を取扱!


 ↓ 詳細はこちらをクリック ↓


ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin


 


ビットフライヤー
TVCMでお馴染み!安心、安全な仮想通貨取引所!


 ↓ 詳細はこちらをクリック ↓


bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で


 


ザイフ
毎月、コツコツ積立をするなら、ザイフのコイン積立が便利!


 ↓ 詳細はこちらをクリック ↓