仮想通貨の利用者を震撼させたマウントゴックス事件について

仮想通貨の利用者を震撼させたマウントゴックス事件について

仮想通貨の利用者を震撼させたマウントゴックス事件について

 

2014年にニュースで盛んに取り上げられた、マウントゴックス事件は、未だに多くの人の記憶に残っています。

 

 

 

仮想通貨と聞くと、マウントゴックス事件を思い出す方も多いでしょう。マウントゴックス事件とは、一体どんな事件だったのか、振り返ってみたいと思います。

 

仮想通貨とマウントゴックス事件

 

世間を騒がしたマウントゴックス事件とは、簡単に言うと、仮想通貨の取引所に侵入したハッカーが、預けられていた通貨を盗んだという事件です。

 

 

 

しかし、捜査を進めていくと、マウントゴックス社の内部関係者の犯罪の可能性が高まり、結果的に社長が逮捕されました。マウントゴックス社とは、国内に拠点を置いていた、仮想通貨の取引所です。

 

 

 

ビットコインを主に扱っており、大量のビットコインの取り引き場所、売買が行なわれている場所でした。仮想通貨は投資対象なので、株のように、流動性が高い取引所に投資家が集まります。

 

 

 

マウントゴックス社は流動性が高く、多くの資金が集まっていました。ビットコインを中心に、円やドル、そしてユーロが取り引きされていたのです。

 

仮想通貨の利用者を震撼させたマウントゴックス事件について

 

この時期には、まだ世界にもビットコインをはじめとする、仮想通貨の取引所が少なかったので、なおさらマウントゴックス社に資金が集まりました。

 

 

マウントゴックス社は、大量に集まる資金と、顧客情報の扱いに、だんだん苦労するようになっていきます。大量の資金と顧客情報の扱いに関して、管理部門に混乱が見られていましたが、その機会にハッカーは、マウントゴックスのシステムに侵入しました。

 

 

 

そして、顧客名簿の改ざんをしたのです。それぞれの顧客の預金残高を書き換えてしまい、ほとんどの顧客の資産が大きく減ってしまいました。改ざんによって浮いた現金とビットコインは、まんまとハッカーの口座へ、振り込まれることになったのです。

 

 

 

この作業をハッカーは誰にも気づかれること無く、何回も繰り返していました。しかし、捜査を進めていくと、このハッカーはマウントゴックス社の内部関係者で、社長が怪しいという事が分かりました。

 

 

 

捜査によると、マウントゴックス社の社長は、顧客から預かっていた数十億円の資金を、不正利用していました。現時点では、数百億円の価値のある、仮想通貨の行方も分かっていません。

 

仮想通貨は安全な取引所を選ぶことが大事

 

非常に多くの顧客が、マウントゴックス社を利用していたために、未だに自分たちの資金が消えたままになっています。

 

 

 

仮想通貨の利用者を震撼させた、マウントゴックス事件は、いかに安全な取引所を選ぶかという事を、投資家に考えさせる例です。

 

 

 

セキュリティ対策が確立しており、破綻したとしても、顧客に資産を返却できるような保険に、入っている取引所を選んでいきましょう。

 

 

おすすめの仮想通貨取引所


コインチェック
初心者の方にはおすすめ!ビットコイン他、ビットコインキャッシュ、イーサリアム、リップル、ネムなど多数の仮想通貨を取扱!


 ↓ 詳細はこちらをクリック ↓


ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin


 


ビットフライヤー
TVCMでお馴染み!安心、安全な仮想通貨取引所!


 ↓ 詳細はこちらをクリック ↓


bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で


 


ザイフ
毎月、コツコツ積立をするなら、ザイフのコイン積立が便利!


 ↓ 詳細はこちらをクリック ↓