電子マネーは仮想通貨ではないの?ビットコインとSuica等の違い

電子マネーは仮想通貨ではないの?ビットコインとSuica等の違い

電子マネーは仮想通貨ではないの?ビットコインとSuica等の違い

 

仮想通貨で有名なビットコインと、通勤でお世話になる電子マネーのSuicaは同じ物のような気がするかも知れません。

 

 

 

ビットコインも電子的な通貨で目に見えないですし、Suicaも実際に紙幣などが無いので、手にすることが出来ません。電子マネーと仮想通貨の違いを、説明していきたいと思います。

 

 

 

仮想通貨のビットコインと、電子マネーのSuicaは、デジタルを利用したお金という意味では同じと言えるでしょう。しかし、通貨としての仕組みという点では、大きく違っています。

 

電子マネーの仕組み

 

電子マネーの仕組みを考えると、Suicaはお金というよりは、口座や財布という事ができるでしょう。自分のお金をSuicaという口座やお財布に入れておいて、必要な時にそこから支払いをする、と言うシステムになっています。

 

 

 

電車に乗る時にSuicaを利用しますが、Suicaという電子通貨を使って、支払いをしている訳ではありません。お金をSuicaのカードの中に、預けておいて、そこから支払っているのです。

 

 

 

実際にはSuicaという通貨を支払っているのでは無く、Suicaの中から日本円を払っています。そのために、日本円を100円預けたら、Suicaから支払えるのは、100円までです。

 

 

Suicaは貨幣では無いので、為替が存在したり、Suicaに入れたお金の価値が上がったり下がったりはしません。

 

仮想通貨はお金として使える

 

仮想通貨であるビットコインはお金として利用することが出来ます。日本円を使って、ビットコインを買い、ビットコインでインターネットショッピングをしたり、サービスを利用したりすることが可能なのです。

 

 

 

ビットコインを買うためには、インターネット上の交換所で、購入することが出来ます。日本円からビットコインへ両替するという事も出来るでしょう。

 

 

 

ビットコインは通貨なので、その時々によって、通貨の価値が違ってきます。交換比率が変動しますので、価値が上がる時もありますし、価値が下がってしまうケースもあります。

 

電子マネーは仮想通貨ではないの?ビットコインとSuica等の違い

 

仮想通貨は、通貨価値が順調に上がっている投資対象として、多くの投資家から信頼されています。ビットコインなどは、効率よく投資が出来るとして、世界の投資家から評価されていますよ。

 

 

 

使用できる場所が広いのも、仮想通貨のメリットです。ビットコインは世界中で使用できますが、Suicaは、日本の中だけでしか使うことが出来ません。

 

 

 

電子マネーと仮想通貨の仕組みや、使用できる範囲を比べると、その違いをよく理解できるのでは無いでしょうか。ビットコインとSuicaのそれぞれに特長がありますが、お金として世界中で使えるという点で、ビットコインには大きなメリットがあります。

 

 

おすすめの仮想通貨取引所


コインチェック
初心者の方にはおすすめ!ビットコイン他、ビットコインキャッシュ、イーサリアム、リップル、ネムなど多数の仮想通貨を取扱!


 ↓ 詳細はこちらをクリック ↓


ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin


 


ビットフライヤー
TVCMでお馴染み!安心、安全な仮想通貨取引所!


 ↓ 詳細はこちらをクリック ↓


bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で


 


ザイフ
毎月、コツコツ積立をするなら、ザイフのコイン積立が便利!


 ↓ 詳細はこちらをクリック ↓